まだ終わらない米大統領選挙、「バイデン三日天下」はありうるのか?(現代ビジネス) – Yahoo!ニュース

選挙

本稿を執筆している11月11日時点で、日米のオールドメディアは、民主党大統領候補のジョー・バイデン氏がまるで大統領に就任したかのような記事を垂れ流している。しかし、もちろんこれは大きな誤りである。 【写真】安倍総理が恐れ、小池百合子は泣きついた「永田町最後のフィクサー」 大統領就任式は来年の1月20日であり、それまではトランプ氏が「現役大統領」であるのは当然だ。また、その大統領就任式で「いったい誰が就任演説をするのか?」という問いに対する答えは、今のところ誰にも答えられないというのが、憲法を始めとする米国の法律にしたがって考察した結果必ず行きつく結論である。 いくら、「バイデン好き」で「トランプ嫌い」のオールドメディアがバイデン勝利を騒ぎ立て、大手SNSがバイデン氏に不利な情報に「拡散制限」をかけても、彼らが大統領を選ぶわけでない。 確かに、オールドメディアや大手SNSの情報に踊らされる国

コメント一覧


usi44442020/11/13
「トランプ支持者が訴える「選挙不正疑惑」がでたらめであるのなら、むしろその主張を公にして証拠を基に議論したほうが」何言ってんだ?

cartman02020/11/13
“日米のオールドメディアは、民主党大統領候補のジョー・バイデン氏がまるで大統領に就任したかのような記事を垂れ流している。” この一文だけでバカ向けの記事とわかる。

usomegane2020/11/14
この記事の方が3日持たなかった。

differential2020/11/13
記事殿がまた消えておられるぞー!

afurikamaimai2020/11/13
消えてる! これは左派の陰謀に間違いない!(根拠なし)

nanana_nine2020/11/13
右派から馬鹿が次々と登場するな。この状況にはさすがに右派に対しても同情を禁じえない。なんてことはもちろんない。彼らの普段の行動が招いたのが現状。なんとかしなさいよ君たち。

iinalabkojocho2020/11/13
一から十まで根拠がないバカ向けの妄想記事。ドイツ、カナダ、イギリス、日本といった同盟各国も把握してない不正選挙の証拠を中国とロシアだけが持ってるんだ。凄いねー。

popolonlon39652020/11/13
馬鹿すぎて記事がなくなってるw