バイデン政権で極めて微妙な新米中関係、中国メディア「3つの予測」 | China Report 中国は今 | ダイヤモンド・オンライン

あとで読む

ひめだ・こなつ/フリージャーナリスト。アジア・ビズ・フォーラム主宰。1998年末、上海で日本語情報誌を創刊し、日本企業の対中ビジネス動向を発信する。2008年夏、同誌編集長を退任後、語学留学を経て上海財経大学公共経済管理学院に入学、修士課程(MPA)を修了。2014年以降は東京を拠点に活動。近年はインバウンドを重点的にウォッチ、「ダイヤモンド・オンライン」などで最新動向を連載中。著書に『中国で勝てる中小企業の人材戦略』(テン・ブックス)、共著に『バングラデシュ成長企業 バングラデシュ企業と経営者の素顔』(カナリヤコミュニケーションズ)。今夏、『インバウンドの罠』を時事通信出版局より出版。 China Report 中国は今 90年代より20年超、中国最新事情と日中ビネス最前線について上海を中心に定点観測。日本企業の対中ビジネスに有益なインサイト情報を、提供し続けてきたジャーナリストによるコ

コメント一覧


ranobe2020/11/13
プラザ合意からプニキ合意へ

chigau-mikata2020/11/13
新大統領がバイデンさんであることには異論はないが、トランプさんも7000万票を獲得していることから、アメリカ国内の課題が多いので対中は手薄になるかも?