原節子の生誕100年特集で黒澤明や成瀬巳喜男の監督作など23本上映 – 映画ナタリー

cinema

原節子の生誕100年を記念した特集上映「生誕100年 映画女優 原節子」が、東京・国立映画アーカイブで11月17日より4週間にわたって開催される。 1920年に神奈川県で生まれ、2015年9月にこの世を去った原。1935年にデビューしたのち日本映画を代表する女優として活躍してきた。本特集では、原の現存最古の出演作「魂を投げろ」や、アーノルド・ファンクに抜擢され出演した日独合作「新しき土」、黒澤明監督作「わが青春に悔なし」「白痴」や小津安二郎監督作「晩春」「麥秋」、成瀬巳喜男監督作「めし」「驟雨」、そして最後の出演作となった1962年公開作「忠臣藏 花の巻 雪の巻」など、22プログラム・計23本がラインナップされた。時代や作品ごとに変化していく原の魅力に触れてみては。 一般、シニア、学生の前売り指定席券は、チケットぴあで全上映回分を販売中。会場でのチケット販売は行われないのでご注意を。障害者

コメント一覧


haha642020/11/12
その原節子と初のキスシーンを演じた仲代達矢がまだ元気なのは凄い。

Nean2020/11/12
“東京・国立映画アーカイブで11月17日より4週間にわたって開催”