バイデン氏の政権移行 “円滑に行われず” 共和党内からも懸念 | アメリカ大統領選 | NHKニュース

アメリカ大統領選挙で勝利を宣言した民主党のバイデン前副大統領はローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇と電話会談するなど、引き続き政権の移行に向けて準備を進めています。一方、トランプ大統領は依然として選挙の不正を訴えていますが、与党・共和党内からも政権移行が円滑に行われないと懸念する声も上がり始めています。 またバイデン氏は、閣僚をはじめとした政権の主要人事について側近と協議するなど政権移行に向けた準備を進めています。 ただ、アメリカメディアは、各国との電話会談も国務省の支援がなかったと批判的に伝えています。トランプ大統領が選挙の不正を訴えていることから政権移行に向けた支援が受けられていません。 民主党のペロシ下院議長は12日の記者会見で、「新型コロナウイルスの11日の感染者が14万人を超えてこれまでで最も多くなり、すでに24万人以上が亡くなっている。しかしトランプ大統領と共和党はこの数字

コメント一覧


quelo42020/11/13
“バイデン氏は11日、菅総理大臣や韓国、オーストラリアの首脳と電話で会談したのに続き、12日もローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇と電話会談し、地球温暖化対策や移民や難民の支援で協力したいと表明”

jt_noSke2020/11/13
ヤバいでンすね