“ラジオ変態”奥森皐月の異常な愛情「ラジオは永遠に残りつづけるし、一緒に人生を歩んでいきたい」 – QJWeb クイックジャパンウェブ

ラジオ

9月からQJWebで月1連載をスタートさせた現役の“FJK”(First JK=高校1年生)にして10年以上の芸歴を持つ女優・タレントの奥森皐月。 彼女が連載初回で執筆した「ラジオ変態の女子高生、伊集院光に恋をする」というタイトルのラジオ偏愛が詰まったコラムは、憧れの“ラジオスター”伊集院光にまで届き、ラジオファンの間で話題を呼んだ。 そこでQJWebでは奥森皐月に追加取材を敢行。コラムでは書き切れなかったリスナー遍歴、“無駄感”がいいというラジオの魅力、そして今後の野望など、ラジオに対する想いを存分に語ってもらった。 ラジオ変態の女子高生、伊集院光に恋をする(奥森皐月)3歳のころから芸能活動を始めた奥森皐月。『おはスタ』(テレビ東京)や『すイエんサー』(Eテレ)などにレギュラー出演し、2019年の『やついフェス』では「公式キャンペーンガールオーディション」でグランプリを獲得した、16歳の

コメント一覧


Shiokaze982020/11/12
自分が面白いと思っていることを言葉にして説明できる人はすごい。最後に「久米宏 ラジオなんですけど」の最終回の話を持ってくるあたりに幅の広さを感じる。この人が話すラジオ番組を聴いてみたい。

2020/11/12
自分が面白いと思っていることを言葉にして説明できる人はすごい。最後に「久米宏 ラジオなんですけど」の最終回の話を持ってくるあたりに幅の広さを感じる。この人が話すラジオ番組を聴いてみたい。