豪首相が来日へ 帰国後隔離でも「日本との関係は特別」(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

外交

オーストラリアのモリソン首相が17、18の両日、菅義偉首相との会談のため日本を訪れる。新型コロナウイルス対策で、モリソン氏は帰国後に首相公邸で14日間、自主隔離し、議会にもオンラインで参加しなければならない。「そこまでしてなぜ?」と尋ねる記者に「日本との関係は特別だ」と述べた。 【写真】先月行われた日豪防衛相会談。艦船防護の適用について話し合った 豪州は3月から外国人の入国を原則禁止し、帰国する自国民にも宿泊施設で14日間の隔離を義務づけている。モリソン氏は訪日後、隣国のパプアニューギニアを19日まで訪問した後に帰国するが、特例で宿泊施設に滞在する代わりに公邸での隔離となる。 そのため、11月30日から12月10日まで開会される豪連邦議会も最初の数日は出席できず、オンラインで参加する。議会では8月から、コロナ対策で必要な場合はオンライン参加を認めている。 モリソン氏は12日の記者会見で「国

コメント一覧


kazuau2020/11/14
日程の流れ的にパプアニューギニアは怒っていいのでは?

prna792020/11/13
“オーストラリアのモリソン首相が…日本を訪れる…モリソン氏は帰国後に首相公邸で14日間、自主隔離し…なければならない。「そこまでしてなぜ?」と尋ねる記者に「日本との関係は特別だ」と述べた。”