同じ氏名・生年月日の別人の預金 誤って差し押さえ 長野県が返金、謝罪 – 毎日新聞

長野県は11日、県税の滞納者と同姓同名で生年月日まで同じ別人の預金を誤って差し押さえたと発表した。記録が残る2005年以降、このような誤りは初めてで「極めてまれなケース」(県担当者)という。 県税務課などによると、滞納者と関係のない別人の金融機関口座から自動車税滞納分約10万8000円を8月に差し押さえた。その後、別人に差し押さえの通知が届き、間違いが発覚。返金し、直接謝罪したという。 滞納者と同姓同名の別人は、漢字の読み方も同じだった。県が金融機関に滞納者の口座を照会した際、別人の口座が出てきた。異なる住所だったが、住所が変わることはよくあるため、誤りに気づかなかったという。住所の異動歴が記載されている滞納者の住民票と戸籍謄本を取得していたが、確認を怠った。 長野県は11日付で、この業務を担当した女性職員(57)を戒告処分とした。県税務課は「差し押さえ決裁時におけるチェック体制の再確認な

コメント一覧


ustam2020/11/12
強制的に差し押さえる行為では最新の注意が必要なはず。なにせ公権力でもって、個人の財産権の侵害をするわけだから。記事の顛末から推測するに、内部規定(確認手順)に反した作業が行われたのだろうね。

kako-jun2020/11/12
「住所の異動歴が記載されている滞納者の住民票と戸籍謄本を取得していたが、確認を怠った」アウトだった。そりゃ処分うけるわ。

fukuroiri2020/11/12
今はわからないけど、以前の郵貯って氏名と生年月日をIDにしてたから、同姓同名で生年月日同じ人が先に口座作ってると、後から来た人は口座作れなかったよね確か。

call_me_nots2020/11/12
滞納者は同じ氏名・生年月日の人がいることを知ったので、ここから整形して成り代わる展開(金田一脳)

deep_one2020/11/12
強制的に差し押さえる行為では最新の注意が必要なはず。なにせ公権力でもって、個人の財産権の侵害をするわけだから。記事の顛末から推測するに、内部規定(確認手順)に反した作業が行われたのだろうね。

2020/11/12
“異なる住所だったが、住所が変わることはよくあるため、誤りに気づかなかったという。住所の異動歴が記載されている滞納者の住民票と戸籍謄本を取得していたが、確認を怠った”

2020/11/12
「住所の異動歴が記載されている滞納者の住民票と戸籍謄本を取得していたが、確認を怠った」アウトだった。そりゃ処分うけるわ。