日本学術会議が提言した「同意のない性行為は犯罪に」実現性と課題は? 検討会委員に聞く – 弁護士ドットコム

法

日本学術会議の三つの分科会は、性犯罪に関する刑法見直しについて、「暴行または脅迫」要件を撤廃し、国際人権基準にならって同意のない性行為を犯罪とするよう求める提言をまとめた。 具体的には、「不同意」のケースを条文に列挙するなど、諸外国の刑法を参考に「同意の有無」の判断基準をできるだけ明確化、客観化する形で検討されるべきだとした。 性犯罪に関する刑法は2017年、110年ぶりに大幅改正されたが、提言は「被害者の性的自己決定権や性的自由を保護するのには十分な規定となっていない」とさらなる見直しを求めている。 ●「同意の有無」を中核に 今の日本の法律では、13歳以上の男女に対して「暴行または脅迫」を用いて性行為をした場合、刑法の強制性交等罪(13歳未満の男女の場合、暴行・脅迫要件はない)が成立し、「心神喪失または抗拒不能」となった人に性行為をした場合、刑法の準強制性交等罪が成立する。 合意のない性

コメント一覧


YaSuYuKi2020/11/12
"具体的には、相手方の同意がない事例として、威迫や不意打ちなどの要件、被害者に対する権力関係にある者がその地位を利用しておこなう事案など、客観的な要件を列挙していく方向性になっています"

zu22020/11/12
「現在は同意がなかっただろうということを推認させるという意味で、客観的な要件として『暴行または脅迫』というものがあります」そういう意味では実務は大きく変わらないはず。

goadbin2020/11/12
同意をどう判断とか証明するかだよな。契約書かわすわけじゃなし、パワハラ等により同意せざるを得なかったというケースは十分あり得る。

masa8aurum2020/11/12
現に起きてるけど現行法では裁けていない型だと、権力関係と威迫が多そう。/「とても抵抗を続けられないほどの暴行や脅迫がなければ合法」って、立場や力の弱い側には不利な規定だよなぁ…。

nori__32020/11/13
同意が成立しない条件を追加するブラックリスト方式か。的確な追加がなされれば、悪影響は抑えられるだろう

nowa_s2020/11/13
“具体的には、相手方の同意がない事例として、威迫や不意打ちなどの要件、被害者に対する権力関係にある者がその地位を利用しておこなう事案など、客観的な要件を列挙していく方向性になっています”

AFCP2020/11/13
https://togetter.com/li/1368727 共産党が同じことを提言しているんだよね。これ以上は言わないけど。

deep_one2020/11/12
“同意というのは内面の話になるため、明確性が必要”