横須賀・総武快速線E235系 12月に運行開始 今年度は8編成120両 成田線や鹿島線へも | 乗りものニュース

JR東日本

11両+4両の8編成です。 拡大画像 横須賀・総武快速線のE235系電車(画像:写真AC)。 JR東日本横浜支社は2020年11月12日(木)、新型車両E235系電車を12月21日(月)から横須賀・総武快速線などで運行すると発表しました。現在の主力車両であるE217系電車が順次置き換わります。 導入する車両数は全部で97編成745両。うち今年度は8編成120両が運行開始します。内訳は11両編成8本と4両編成8本です。運行区間は次の通り。 ・横須賀線 東京~久里浜 ・総武快速線 東京~千葉 ・総武本線 千葉~成東 ・外房線 千葉~上総一ノ宮 ・内房線 蘇我~君津 ・成田線 佐倉~香取、成田~成田空港 ・鹿島線 香取~鹿島神宮 E235系は、車体はステンレス製で、最高速度は120km/h。また、山手線のE235系と同様、次世代列車情報管理装置「INTEROS(インテロス)」を搭載します。電車が

コメント一覧


BRITAN2020/11/13
おー…

koichi992020/11/13
こんなんなるのか。

daybeforeyesterday2020/11/13
うーむ

John_Kawanishi2020/11/12
その切妻で時速120㌔は無理でしょ(焦

kenzy_n2020/11/12
新しい顔の快速よ

Guro2020/11/12
あっという間にもう走りはじめるのね。年度内8編成とな。(クロスシートなくなるのが残念派)