「優等生」スイスは人命より経済優先 コロナ第2波 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

感染者急増で陽性率は5割超える他、いまだに一部ロックダウンにも踏み切らず(11月7日、チューリヒ) Arnd Wiegmann-REUTERS <世界一の陽性率や崩壊寸前の医療システムも何のその、「医療より経済が心配」と言うスイスの落とし穴> スイスは新型コロナウイルス感染が急拡大しており、このままいけばヨーロッパで一番の感染拡大地域になる勢いだ。人口比の感染者数はすでにスウェーデンやアメリカの約3倍、欧州連合(EU)諸国平均の2倍に達している。それも検査数が特別多い訳ではなく、検査普及率はアメリカやヨーロッパ諸国の平均と同程度だ。そのなかで検査の陽性率は27.9%と、スウェーデン(8.5%)やアメリカ(8.3%)を大きく上回る。世界保健機関(WHO)によれば、検査陽性率が5%を超えているのはウイルスを制御できていない証拠だ。 パンデミックについてスイス政府に助言を行う立場の専門家たちは、

コメント一覧


augsUK2020/11/13
「検査の陽性率は27.9%」とんでもないことになってるな。//第一波は欧州の中ではマシでも、東京23区より人口の少ない850万人の国なのに1日千人感染して50人以上死んでた。

mutevox2020/11/13
“検査の陽性率は27.9%と、スウェーデン(8.5%)やアメリカ(8.3%)を大きく上回る。世界保健機関(WHO)によれば、検査陽性率が5%を超えているのはウイルスを制御できていない証拠だ”

theatrical2020/11/12
人口比あたりの感染者数がアメリカの3倍、ヨーロッパ平均の2倍。その上陽性率は27.9%なので実際の感染者数は遥かに多そう。経済の優先度が高い国・国民性から、経済優先な状態が続きそうなので、より悪化しそう。